トップメッセージ

  代表執行役社長 (CEO and COO)
細川 浩一

私たちを取り巻く環境は、IoTやAI、ビックデータ、ロボット、ADASなどの技術の進展により、社会の在り方や生活そのものが大きく変化する分岐点に突入しております。

私どもは、このような変化への的確な対応を迫られると共に、貧困や飢餓、気候変動や生物多様性、さらには紛争鉱物問題を含むサプライチェーンにおける人権問題など様々な地球規模の課題にも直面しています。

当社は、創業以来変わらぬ企業理念として「生命」、「自由」、および「創造」を掲げ、社会や環境から受ける恩恵に感謝し、自由に創造的に事業を発展し続けることが黒田電気グループの存在意義であり、社会的責任と考えております。

当社はこのような考えに基づき、2011年3月に国連グローバル・コンパクト(GC)へ正式に加盟し、同時にGC10原則をCSRの基軸として活動を続けて参りました。

さらに2015年の国連サミットにて採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」は、2030年に向けた明確な世界共通目標となり、当社においてもSDGsをCSRの基軸に加えました。

当社は今後も、GC10原則を支持し、SDGs達成に微力ながら貢献していくことで、企業価値の向上と持続可能な成長を目指して参ります。