社会人になる皆さんへ

働くということは、当たり前ですが楽しいことばかりではありません。
苦しいこともあります。逃げ出したくなるようなことだってあります。
格好の良い仕事ばかりではありません。文字通り、額に汗するような泥臭いことだって、それは大切な仕事のひとつです。
 
私どもは、楽しいことも、苦しいことも、ともに立ち向かい、そして喜びを分かち合える仲間を求めています。
 
 

信頼を勝ち得なければ、何も始まらない

 
「営業向きじゃないかも...」、そう思うことだってあります

入社した当時、特に職種の希望はなくて、営業でも業務でもなんでも良かったんですよ。
その頃は、あまり意識していませんでしたね。

ただ、今になってみると自分自身、「もしかしたら営業向きじゃないのかな?」って思うこともあります。正直に言えば、駆け引きがあまり得意 ではないので。
自分の性格を考えると、きっちりと管理する仕事のほうが向いているのかもしれません。
 





 
言葉で語るよりも結果で語る

でも、私は今、営業として黒田電気にいます。
仕事だから、社会人なんだから、会社から与えられた職務は果たすべきです。本気で「この仕事向いていない」なんて思ったら、自分自身 の成長もないですし、本当に向いていないかどうかなんて、実のところ分からないですから。

駆け引きが得意でないのであれば、違う形でお客様の信頼を勝ち得ればいいんです。
仕事のやり方なんて、自分次第ですから。
私は、言葉で語るよりも結果で語って、お客様の信頼を勝ち得ていくことを意識しています。
 
 
 
理不尽なことだってある。それでも、お客様の期待は裏切れない

不具合が多発したときは、本当にきつかったです。

黒田電気は、メーカーとしての側面もありますが、基本的にはモノを仕入れて、それをお客様に提供するディストリビューターです。それ がうちの商売の面白いところでもありますが、反面、商品に不具合なんかが出ると、うちだけでは対応ができないという側面もあります。 海外メーカーの方なんかは、困ったことがあっても、あまり親身になってくれないことがあります。不具合が出ても、急いでくれないです し。そのあたりは、商業文化の違いなのかもしれませんが。

「俺が今感じているこのキツさ、なんで分かってくれないんだ!!」
そう感じることもありますよ。
 
 

黒田電気で働く魅力

私たちは、諸先輩が築き上げてきた、お客様、メーカーとの信頼関係を引き継いで仕事をしています。

「黒田電気だったら、やってくれる。なんとかしてくれるはずだ!」

その期待には応えなくてはなりません。
信頼を勝ち得なければ、何も始まらないのが商社のビジネス。
そして、これが黒田電気で働く魅力だと私は考えています。
 




 
 
 
 
 
 
 

もっと知りたい、「社会人になる皆さんへ」

 
 
 

エントリー

2020年度新卒応募の情報はリクナビインターンシップに掲載中です。

採用に関するお問い合わせ